• TOP
  • トレンド
  • レーザーマーキング(印字)に適した樹脂材料

レーザーマーキング(印字)に適した樹脂材料 レーザーマーキング

Summary

  • レーザーマーキング(印字)とは、対象物にレーザー光を照射し、表面を溶かす・焦がす・削る・変色させることで、印字する手法です。
  • 半永久的に消えない印字や微細な加工が可能であり、インク等の消耗品や前処理が不要であるというメリットがあります。
  • ただし、製品表面をレーザー照射するため集塵対策が必要であり、視認性の担保には最適な素材の選定する必要があります。
  • 旭化成は、優れたレーザーマーキング性を持つポリアミド樹脂「レオナ™ SNシリーズ」を開発・販売しています。

旭化成からのご提案

レーザーマーキングとは

レーザーマーキングとは、対象物にレーザー光を照射し、表面を溶かす・焦がす・削る・変色させることで、印字する手法です。

 

我々の身の回りにある製品は、識別のためにバーコード、製品名、型番などの各種情報が表示されていますが、品質保証とトレーサビリティの観点からマーキングの重要性はますます増加しています。
レーザーマーキングは、高い信頼性と多くの利点により、様々な用途で使用されています。 前処理は不要であり、レーザーを照射するだけで視認性が高いマーキング効果を得られるため、製品そのものの品質を損なうこともありません。

 

 

レーザーマーキングとは

マーキングの種類とレーザーマーキングのメリット

マーキングには様々な手法があります。
従来から用いられてきた接触式マーキングと、近年増えている非接触式マーキングの2つに分けてご紹介いたします。

接触式マーキング

  1. サーマルプリンタ
    インクリボンのインクをサーマルヘッドによって転写する手法です。
    導入・ランニングコスト共に比較的安価であることが長所ですが、曲面や柔らかいものへの印字を苦手としています。

     

  2. ラベル
    プリンタで印刷したラベルを製品に貼り付ける手法です。
    情報の更新が容易な点、安定した品質を得られることが長所です。ただし、ラベルそのもののコストと、ラベルの在庫管理等の管理コストが発生します。

     

  3. 刻印
    製品表面に凹凸形状を作る手法です。例えば、射出成形における樹脂であれば、金型に材料情報等を刻印しています。摩耗等の影響も少なく、半永久的な印字が可能です。ただし、印字内容を変更したい際に手間・コストがかかります。

     

非接触式マーキング

  1. インクジェットプリンタ
    インクを吹き付けることで製品に触れずに印字ができます。
    曲面や柔らかいもの等にも印字ができ、高速印字も可能であり製造ラインに組み込んだ連続的な生産にも対応可能です。また、データによって印字内容を容易に変更することが可能です。
    インクが消耗品であることと、対象物とインクの相性には注意が必要です。

     

  2. レーザーマーカー
    対象物にレーザー光を照射し、表面を溶かす・焦がす・削る・変色させることで、印字します。
    何よりも、半永久的に消えない印字ができる点が長所です。また、微細な加工が可能なこと、インク等の消耗品が不要なこと、前処理が不要なことも長所です。
    ただし、製品表面をレーザー照射するため集塵対策が必要になる他、素材をきちんと選定しないと視認性を担保できない等の課題があります。

     

レーザーマーカーの特長

  • 半永久的に消えない印字が可能
  • 微細な加工が可能
  • インク等の消耗品が不要
  • 前処理が不要

     

  • 集塵対策が必要
  • 最適な素材の選定が必要

レーザーの種類

ここで、レーザーとは何かと主なレーザーの種類についてご説明いたします。

 

レーザー (英: LASER) とは、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation (誘導放出による光増幅放射) の頭字語であり、指向性と収束性に優れたほぼ単一波長の電磁波を発生させる装置です*。
長距離でも広がらずにまっすぐ進む直進性と、波長一定であり1つの色で出来ている単色性が特徴です。

レーザー光はレーザー発振器を用いて作られます。
レーザー発振器の中にキャビティと呼ばれる共振器があり、共振器中のレーザー媒質の種類によって、レーザーの種類は大きく固体、気体、液体と分けることができます。代表的なものだと、固体レーザーであるNd (ネオジム):YAG(イットリウム・アルミニウム・ガーネット)、気体レーザーであるCO2レーザーがよく知られています。YAGレーザーの1064nmが汎用的にマーキング用途に用いられています。

* 引用元:Wikipedia

旭化成からのご提案

レーザーマーキングに適したポリアミド樹脂「レオナ™ SNシリーズ」

マーキング性能は、プラスチックの種類、含まれる染顔料、レーザーの種類に左右されます。
一般的にエンジニアリングプラスチックはレーザーマーキングに対応していますが、たとえマーキング性が悪い場合でも、添加剤や着色処方を微調整することで改善することができます

ポリアミド樹脂「レオナ™ SNシリーズ」

旭化成では、優れたレーザーマーキング性を持つポリアミド樹脂「レオナ™ SNシリーズ」を開発・販売しています。レオナSNシリーズは、ハロゲンと赤リンを含まない次世代難燃性材料であり、優れた強度・剛性も備えています

 

レーザーマーキングによるトレーサビリティ情報を表示した電機・電子部品、自動車部品等にご検討ください。

旭化成のSN11Bを使用したレーザーマーキングサンプル

レオナ™SN11Bを使用したレーザーマーキングサンプル

詳細は、ダウンロード資料をご覧ください

  • 優れたレーザーマーキング性を持つポリアミド樹脂「レオナ™ SNシリーズ」のダウンロード資料はこちら

旭化成のレーザーマーキング(印字)に適した樹脂材料「レオナ™ SNシリーズ」に関するご質問・ご相談・サンプルのご依頼をお待ちしています。

お問い合わせ