変性ポリフェニレンエーテル(変性PPE)樹脂  ザイロン™

ザイロン™とは

ザイロン™とは、旭化成が製造販売する、変性ポリフェニレンエーテル樹脂の総称です。

変性ポリフェニレンエーテルは、製品の軽量化や高精度化に寄与するエンジニアリングプラスチックです。ザイロン™は、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等グレードラインナップが豊富であり、お客様のニーズに応じて最適なグレードを提供します。

ザイロン™の特長

汎用エンジニアリング樹脂(エンプラ)の中でのザイロン™の特長を以下に示します。

長所

1. 比重が小さく、製品の軽量化が可能です。
2. 成形収縮率が小さく、吸水性が低い為、寸法安定性に優れます。
3. 電気特性に優れます。
4. 難燃性に優れます。

短所

1. 有機溶剤と接触する用途には注意が必要です。
2. 特に淡色系の場合、光で変色する場合がございますので、注意が必要です。

ザイロン™の製造

ザイロン™は、弊社独自の技術で、原料から製品まで一貫生産しています。

PPEとは

ザイロン™ 用途事例

セル間スペーサー

バッテリーのセル間に使用する絶縁部品

セル間スペーサー

グレード

Tシリーズ、340Z
・耐トラッキング性
・耐加水分解性
・耐酸・アルカリ性
・長期物性の安定

特長

・筐体に適した設計自由度の高い素材です。
・クリープ特性、難燃性(ノンハロゲン)、寸法安定性に優れた低比重材料です。
・薄肉成形性も良好で、省スペース・軽量化に貢献します。

バスバーカバー

高圧大電流が流れる導体のカバー

バッテリー

グレード

TF701, TA720, X9110

特長

・薄肉成形性と絶縁性、耐熱性を備えます。
・耐油性を有するグレードもございます。取り扱い性が容易となります。

燃料電池

燃料電池を構成する部品(スタック周辺部品)

グレード

500H
・非強化耐熱グレード
・低溶出性
・耐酸性

特長

・樹脂からの溶出性(イオン、オリゴマー等)が少なく、高評価を得ています。
・耐熱水性、耐酸性に優れ長期間浸漬しても物性がほとんど低下しません。

車載カメラ
(鏡筒、レンズスペーサー)

車に搭載される各種カメラに使用される鏡筒、レンズスペーサー

鏡筒・レンズスペーサー

グレード

・XP640 PPA/PPEアロイ+GF40%
・DG040,DG340 PPS/PPEアロイ+特殊ガラスフィラー40%

特長

・高耐熱PA並みの高耐熱・高強度・高剛性のパフォーマンスを発揮します。
・高温環境下の機械強度低下が小さく、特殊ガラスフィラー配合により寸法変化の異方性が小さいです。
・金属部品の樹脂化に貢献することで部品コストダウンに寄与します。

ヘッドアップディスプレイ

車に搭載されるヘッドアップディスプレイ構成部品

ヘッドアップディスプレイ

グレード

・DG040 PPS/PPEアロイ+特殊ガラスフィラー40%
・744Z PPE/PS ノンフィラー

特長

・PPSにPPEを配合することで高温時の寸法安定性を向上、特殊ガラスフィラー配合で寸法異方性を軽減します。
・UL難燃V-0、荷重たわみ温度135℃、耐熱・靭性・寸法安定性のバランスに優れた材料です。

リレーブロック/ジャンクションボックス(ザイロン)

リレー、ヒューズ等の収納ケース

リレーブロック

グレード

A0210:PA/PPEアロイ樹脂。高耐熱、高靭性、低吸水寸法変化(ナイロン材に比較して)
A0230:アセアン地域での原材料を現地化したA0210相当グレード
AF700:PA/PPEアロイ樹脂。高耐熱、低吸水寸法変化、UL V-0

特長

・PAの優れた耐熱、靭性をそのままに吸水寸法変化を改善します。
・高強度、高靭性であるため、靭性が要求される高度な設計に対応可能です。
・UL V-0グレードもございます。
・PAの原料であるヘキサメチレンジアミンを社内で生産(日系で唯一)することで、供給安定、高品質を達成しております。
・海外では原材料を現地化することで、グローバルで安定した供給、コストを維持しております。

インバーターカバー

インバーター等の電気設備のカバー

インバーターカバー

グレード

240Z、440Z
・非強化難燃グレード
・優れた電気特性、難燃性
・耐加水分解性

特長

・筐体、内装シャーシに適した設計自由度の高い素材です。
・UL難燃5VA取得、低比重材料により製品の小型化・軽量化に寄与します。
・耐熱性や耐酸・アルカリ性による環境への耐久性がございます。

キャッシュディスペンサー

筐体、内部シャーシ、導電機構部品

キャッシュディスペンサー

グレード

X8610
・導電性を付与
・機械的特性に優れる(強度・剛性)
・高耐熱

特長

・筐体、内部シャーシ、導電機構部品に適した設計自由度の高い素材です。
・静電気発生を抑制するので、通電部品に好適な素材です。

太陽電池ジャンクションボックス

太陽光パネルのダイオードを格納する部品

太陽電池ジャンクションボックス

グレード

540Z 644Z PV41Z
・耐トラッキング性
・耐加水分解性
・耐酸・アルカリ性
・高温高湿下での寸法変化が小さい

特長

・耐熱性・高剛性・低吸水性に優れます。
・高温高湿下での機械的物性、寸法変化が小さい材料です。

太陽電池コネクター

太陽光パネルのジャンクションボックス、ケーブルを繋ぐコネクター

太陽電池コネクター

グレード

PV40Z
・耐トラッキング性
・耐加水分解性
・耐酸・アルカリ性
・長期物性の安定

特長

・耐トラッキング性と低温衝撃のバランスに優れ、小型高電圧対応コネクターの設計が可能です。
・耐加水分解性、耐アンモニア性に優れ、高温高湿環境下でも、極端な物性低下を起こしません。

混合栓

混合栓の内部部品

混合栓

グレード

WG720 WG722
(GF強化・飲料水接触グレード)
・耐熱水性、耐加水分解性に優れ、振動疲労特性に優れる。
・耐酸・耐アルカリ性に優れる。

特長

・混合栓周辺部品を樹脂化することで防錆を達成します。
・強度部品にも対応致します。
・低比重による部品の軽量化・コストダウンが可能です。
・飲料水接触材料の規格(NSF 61他)に適合しています。

浄水部品

浄水システム関連の部品(ケース、キャップ等)

浄水部品

グレード

WG731 (GF強化・飲料水接触グレード)
・耐熱水性、耐加水分解性に優れ、振動疲労特性に優れる。
・耐酸・耐アルカリ性に優れる。
・寸法精度、溶着性に優れる。

特長

・給排水部品を樹脂化することで防錆を達成します。
・強度部品にも対応致します。
・低比重による部品の軽量化・コストダウンが可能です。
・飲料水接触材料の規格(NSF 61他)に適合しています。

プリンタ機構部品
(ザイロン)

レーザービームプリンター(LBP)、インクジェットプリンター(IJP)等、プリンタの筐体、機構部品

プリンタ機構部品

グレード

・X7744、X444V、X523V、X364V:フィラー強化材。超低そり高寸法精度、低比重、高剛性、ノンハロ難燃、幅広い耐熱温度の設計が可能
・CN51V:光透過材。940nmの赤外線透過
・VT31V、VT31Z、VT52Z:制振材。静音設計を実現
・DG040、DG235、DG141:PPSアロイ材。耐薬品性、低そり高寸法精度、高耐熱、良流動、高剛性

特長

・筐体、内装シャーシ、機構部品に適した設計自由度の高く、高精度な部品に使用可能です。
・レーザー光を透過するグレードでは、接着剤不使用の設計を実現します。
・損失係数が高く、振動抑制効果を発現するグレードもございます。
・薬品に接触する部品にも使用可能なグレードもございます。
・高精度を求められる超精密加工部品に使用できる為、部品の小型化に寄与します。
・比重が小さい為、部品の軽量化に寄与します。

高速ファン

サーバーやパソコンその他機器の冷却ファン

高速ファン

グレード

G793Z、G702V、G601Z
・GF強化/難燃グレード
・GFコンテンツ10%、20%、30%

特長

・比重が小さい為、軽量化を達成し、高回転化に貢献します。
・低吸水性の為、吸水寸法変化が非常に小さいです。
・耐熱性が高い為、高温環境下での変形量が非常に小さいです。
・高速ファンの他、強度が求められる加工部品に好適に使用できます。
・部品を軽量化、小型化出来る為、コストダウンに寄与します。

通信アンテナカバー、MIDアンテナ基材

通信系各種アンテナのカバー、MIDアンテナの基材

通信アンテナカバー・MIDアンテナ基材

グレード

442Z、他開発グレード
・非強化難燃グレード

特長

・優れた誘電性能(低誘電率、低誘電正接、及びそれらの小さい温度依存性)により、アンテナカバーとして好適に使用可能です。
・各種誘電性能を有するグレードラインナップを揃えており、高誘電率開発材もございます。
・耐衝撃性、安定した長期物性を示します。

セル間スペーサー

バッテリーのセル間に使用する絶縁部品

セル間スペーサー

グレード

Tシリーズ、340Z
・耐トラッキング性
・耐加水分解性
・耐酸・アルカリ性
・長期物性の安定

特長

・筐体に適した設計自由度の高い素材です。
・クリープ特性、難燃性(ノンハロゲン)、寸法安定性に優れた低比重材料です。
・薄肉成形性も良好で、省スペース・軽量化に貢献します。

バスバーカバー

高圧大電流が流れる導体のカバー

バッテリー

グレード

TF701, TA720, X9110

特長

・薄肉成形性と絶縁性、耐熱性を備えます。
・耐油性を有するグレードもございます。取り扱い性が容易となります。

燃料電池

燃料電池を構成する部品(スタック周辺部品)

グレード

500H
・非強化耐熱グレード
・低溶出性
・耐酸性

特長

・樹脂からの溶出性(イオン、オリゴマー等)が少なく、高評価を得ています。
・耐熱水性、耐酸性に優れ長期間浸漬しても物性がほとんど低下しません。

車載カメラ
(鏡筒、レンズスペーサー)

車に搭載される各種カメラに使用される鏡筒、レンズスペーサー

鏡筒・レンズスペーサー

グレード

・XP640 PPA/PPEアロイ+GF40%
・DG040,DG340 PPS/PPEアロイ+特殊ガラスフィラー40%

特長

・高耐熱PA並みの高耐熱・高強度・高剛性のパフォーマンスを発揮します。
・高温環境下の機械強度低下が小さく、特殊ガラスフィラー配合により寸法変化の異方性が小さいです。
・金属部品の樹脂化に貢献することで部品コストダウンに寄与します。

ヘッドアップディスプレイ

車に搭載されるヘッドアップディスプレイ構成部品

ヘッドアップディスプレイ

グレード

・DG040 PPS/PPEアロイ+特殊ガラスフィラー40%
・744Z PPE/PS ノンフィラー

特長

・PPSにPPEを配合することで高温時の寸法安定性を向上、特殊ガラスフィラー配合で寸法異方性を軽減します。
・UL難燃V-0、荷重たわみ温度135℃、耐熱・靭性・寸法安定性のバランスに優れた材料です。

リレーブロック/ジャンクションボックス(ザイロン)

リレー、ヒューズ等の収納ケース

リレーブロック

グレード

A0210:PA/PPEアロイ樹脂。高耐熱、高靭性、低吸水寸法変化(ナイロン材に比較して)
A0230:アセアン地域での原材料を現地化したA0210相当グレード
AF700:PA/PPEアロイ樹脂。高耐熱、低吸水寸法変化、UL V-0

特長

・PAの優れた耐熱、靭性をそのままに吸水寸法変化を改善します。
・高強度、高靭性であるため、靭性が要求される高度な設計に対応可能です。
・UL V-0グレードもございます。
・PAの原料であるヘキサメチレンジアミンを社内で生産(日系で唯一)することで、供給安定、高品質を達成しております。
・海外では原材料を現地化することで、グローバルで安定した供給、コストを維持しております。

インバーターカバー

インバーター等の電気設備のカバー

インバーターカバー

グレード

240Z、440Z
・非強化難燃グレード
・優れた電気特性、難燃性
・耐加水分解性

特長

・筐体、内装シャーシに適した設計自由度の高い素材です。
・UL難燃5VA取得、低比重材料により製品の小型化・軽量化に寄与します。
・耐熱性や耐酸・アルカリ性による環境への耐久性がございます。

キャッシュディスペンサー

筐体、内部シャーシ、導電機構部品

キャッシュディスペンサー

グレード

X8610
・導電性を付与
・機械的特性に優れる(強度・剛性)
・高耐熱

特長

・筐体、内部シャーシ、導電機構部品に適した設計自由度の高い素材です。
・静電気発生を抑制するので、通電部品に好適な素材です。

太陽電池ジャンクションボックス

太陽光パネルのダイオードを格納する部品

太陽電池ジャンクションボックス

グレード

540Z 644Z PV41Z
・耐トラッキング性
・耐加水分解性
・耐酸・アルカリ性
・高温高湿下での寸法変化が小さい

特長

・耐熱性・高剛性・低吸水性に優れます。
・高温高湿下での機械的物性、寸法変化が小さい材料です。

太陽電池コネクター

太陽光パネルのジャンクションボックス、ケーブルを繋ぐコネクター

太陽電池コネクター

グレード

PV40Z
・耐トラッキング性
・耐加水分解性
・耐酸・アルカリ性
・長期物性の安定

特長

・耐トラッキング性と低温衝撃のバランスに優れ、小型高電圧対応コネクターの設計が可能です。
・耐加水分解性、耐アンモニア性に優れ、高温高湿環境下でも、極端な物性低下を起こしません。

混合栓

混合栓の内部部品

混合栓

グレード

WG720 WG722
(GF強化・飲料水接触グレード)
・耐熱水性、耐加水分解性に優れ、振動疲労特性に優れる。
・耐酸・耐アルカリ性に優れる。

特長

・混合栓周辺部品を樹脂化することで防錆を達成します。
・強度部品にも対応致します。
・低比重による部品の軽量化・コストダウンが可能です。
・飲料水接触材料の規格(NSF 61他)に適合しています。

浄水部品

浄水システム関連の部品(ケース、キャップ等)

浄水部品

グレード

WG731 (GF強化・飲料水接触グレード)
・耐熱水性、耐加水分解性に優れ、振動疲労特性に優れる。
・耐酸・耐アルカリ性に優れる。
・寸法精度、溶着性に優れる。

特長

・給排水部品を樹脂化することで防錆を達成します。
・強度部品にも対応致します。
・低比重による部品の軽量化・コストダウンが可能です。
・飲料水接触材料の規格(NSF 61他)に適合しています。

プリンタ機構部品
(ザイロン)

レーザービームプリンター(LBP)、インクジェットプリンター(IJP)等、プリンタの筐体、機構部品

プリンタ機構部品

グレード

・X7744、X444V、X523V、X364V:フィラー強化材。超低そり高寸法精度、低比重、高剛性、ノンハロ難燃、幅広い耐熱温度の設計が可能
・CN51V:光透過材。940nmの赤外線透過
・VT31V、VT31Z、VT52Z:制振材。静音設計を実現
・DG040、DG235、DG141:PPSアロイ材。耐薬品性、低そり高寸法精度、高耐熱、良流動、高剛性

特長

・筐体、内装シャーシ、機構部品に適した設計自由度の高く、高精度な部品に使用可能です。
・レーザー光を透過するグレードでは、接着剤不使用の設計を実現します。
・損失係数が高く、振動抑制効果を発現するグレードもございます。
・薬品に接触する部品にも使用可能なグレードもございます。
・高精度を求められる超精密加工部品に使用できる為、部品の小型化に寄与します。
・比重が小さい為、部品の軽量化に寄与します。

高速ファン

サーバーやパソコンその他機器の冷却ファン

高速ファン

グレード

G793Z、G702V、G601Z
・GF強化/難燃グレード
・GFコンテンツ10%、20%、30%

特長

・比重が小さい為、軽量化を達成し、高回転化に貢献します。
・低吸水性の為、吸水寸法変化が非常に小さいです。
・耐熱性が高い為、高温環境下での変形量が非常に小さいです。
・高速ファンの他、強度が求められる加工部品に好適に使用できます。
・部品を軽量化、小型化出来る為、コストダウンに寄与します。

通信アンテナカバー、MIDアンテナ基材

通信系各種アンテナのカバー、MIDアンテナの基材

通信アンテナカバー・MIDアンテナ基材

グレード

442Z、他開発グレード
・非強化難燃グレード

特長

・優れた誘電性能(低誘電率、低誘電正接、及びそれらの小さい温度依存性)により、アンテナカバーとして好適に使用可能です。
・各種誘電性能を有するグレードラインナップを揃えており、高誘電率開発材もございます。
・耐衝撃性、安定した長期物性を示します。

グレード一覧・物性一覧表

物性表

PPE/PS 非強化

ASTM規格
HDT(°C)
ISO規格
DTUL(°C)
難燃性 (UL-94)
1.82MPa 1.80MPa HB V-2 V-1 V-0
76 70-77 1951J
85 78 100V 100Z
90 86-93 200H 240W 240V 240Z
100 95-98 300H 340W 340V 340Z
110 104-109 400H 440Z
120 112-114 500H 540V
CN51V
540Z
130 126 600H 640V 644Z
140 135-137 740V 744Z
150 146 SZ800
170 158 1000H
(HB相当)

PPE/PS 強化

ASTM規格
HDT(°C)
ISO規格
DTUL(°C)
難燃性 (UL-94)
1.82MPa 1.80MPa HB V-1 V-0
100 97-107 X352H X332V
X352V
X364V
X1561
110 106-116 G402H X423V
X444V
X1712
120 115-121 X552H
X533H
X523V
G544V
X7744
X552V
130 118-130 G701H G701V G601Z
140 135-148 G702H
G703H
G702V G793Z

PP/PPE

ISO規格
DTUL(°C)
1.80MPa
難燃性 (UL-94) 非強化 強化
97 TZ100
120 HB TT521

PA/PPE

ISO規格
DTUL(°C)
0.45MPa
難燃性
(UL-94)
非強化 強化
176 A0210
190 HB AT600
198 AG511
252 AG213
193 V-0 AF700

PPS/PPE

ISO規格
DTUL(°C)
1.80MPa
難燃性 (UL-94)
V-1 V-0
217 DG235
183 DG040
214 DG141
256 DV166

PPA/PPE

ISO規格
DTUL(°C)
1.80MPa
難燃性 (UL-94)
HB
274 XP640

製品データ/使用のヒント

ザイロン™(変性ポリフェニレンエーテル樹脂)取扱い上の注意

<ご注意>
この資料の記載内容は現時点で入手できる資料、情報、データに基づいて作成しており、新しい知見により改訂されることがあります。また、注意事項は、通常の取り扱いを対象としたものなので、特殊な取り扱いの場合には、用途・用法に適した安全対策を実施の上、ご利用下さい。

1.取り扱い上の注意

ザイロン™の取り扱いの要点を以下に示します。ザイロン™の安全な取り扱いにご活用下さい。なお、ザイロン™のグレードごとの取り扱い上の注意点につきましては、安全データシートを別途作成しています。ご使用に際しては、安全データシートをお読みください。ザイロン™以外で貴社が用いる添加剤等の安全性につきましては、貴社にて調査下さるようお願いいたします。

A.作業上の注意点
ザイロン™の作業時にペレット、溶融樹脂及び溶融時に発生するガス等との接触・吸入を避けるようにお気をつけ下さい。万一、接触・吸入した場合の応急処置を以下に示します。

  • ・眼に入った場合
    眼に入った場合は、こすると刺激があったり、角膜を傷つけるため、こすらずに清浄な水で最低15分間良く洗い、異常があれば医師の手当を受けて下さい。
  • ・皮膚に付着した場合
    通常は、水や石鹸で洗い、溶融物が付着した場合は、直ちに清浄な水で冷やして下さい。皮膚上の固まった樹脂を無理に剥がさずに、医師の手当を受けて下さい。
  • ・吸入した場合
    通常は、人体への直接の影響はありませんが、粉塵などを吸い込んだ場合は、清浄な水でよくうがいをしてください。溶融物からのガスを吸って気分が悪くなった場合は、新鮮な空気のある場所に移動し、回復を待ちます。回復しない場合は、医師の手当を受けて下さい。
  • ・飲み込んだ場合
    できるだけ吐き出し、異常があれば医師の手当を受けて下さい。

B.安全衛生上の注意点
ザイロン™の乾燥、溶融時に発生するガスの、眼や皮膚への接触・吸入を避けるようにお気をつけ下さい。 また、高温の樹脂には直接触れないようにして下さい。乾燥、溶融の各作業においては、局所排気装置の設置や保護具(保護眼鏡、保護手袋等)の着用が必要です。

  • ・設備上の対策
    成形作業では、加熱溶融によってガスが生じる恐れがありますので、これらを排出するために有効な局所排気装置等を設置して下さい。
  • ・呼吸用保護具
    発生ガス、ヒュームを吸入する可能性がある場所での作業は有機ガス用マスクを着用して下さい。樹脂製品の機械加工、サンディングなど粉塵の発生する作業では防塵マスクを着用して下さい。
  • ・保護眼鏡
    作業時は、サイドシール付きの樹脂製保護眼鏡、樹脂製ゴーグル等を着用してください。
  • ・保護手袋
    必要に応じて着用してください。特に、溶融した樹脂を取り扱う際は、やけど防止のため断熱性の良い手袋を使用して下さい。
  • ・保護衣
    通常の作業着で構いませんが、特に溶融した樹脂を取り扱う際は、長袖の衣服を着用し、やけど防止を心掛けて下さい。
  • C.燃焼に関する注意点
    ザイロン™は可燃性ですので、取り扱い・輸送・保管は、熱及び発火源から離れた場所で行って下さい。 火災時には強い熱、黒煙、炭酸ガス、一酸化炭素ガス、その他の有毒ガスを発生する恐れがあります。 消火には水、泡消火剤、粉末消火剤等の一般の火災と同じ消火剤が使用できます。 消火作業をする時には、防火服と呼吸器具を着用して下さい。

    D.輸送上の注意点
    梱包袋が破れないように、水ぬれや乱雑な取り扱いは避けて下さい。 万一、破袋してペレットが散乱した時は、滑って転倒しないように、特に注意するとともに、速やかに掃き取り、回収または廃棄して下さい。 空気輸送の際は静電気災害を防止する対策を実施して下さい。

    E.保管上の注意点
    ザイロン™は直射日光のあたる場所や、高温多湿の場所を避けて保管して下さい。 熱や発火源から離れた場所で保管するとともに、静電気災害を防止する対策を実施して下さい。

    F.廃棄上の注意点
    ザイロン™は埋め立て又は焼却により処理できます。 埋め立てる時は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に従って、公認の産業廃棄物処理業者、もしくは地方公共団体がその処理を行っている場合には、その団体に処理を委託して下さい。 焼却する時は、焼却設備を用いて大気汚染防止法等の諸法令に適合した処理を行って下さい。

    2.適合規格に関して

    ザイロン™には、ポリオレフィン等合成樹脂製食品容器包装等に関する自主規制基準、厚生省告示370号または、UL、CSA、電取法に各々適合するグレードがあります。 詳細は弊社担当までご連絡下さい。

    3.その他

    ご使用に関しては、工業所有権にもご注意下さい。

    カタログのデータは定められた試験法に基づいて得られた代表値であり保証値ではありません。個々の用途に最適なグレードを選ぶ目安としてご参照下さい。なお、これらの数値は物性改良のため変更することもあります。

グレード紹介

  • ザイロン™
    DG、XPシリーズ

    詳細

Q&A

QGFの配向と製品設計の注意点の関係は

A ガラス繊維を含む材料は、成形時の流れ方向にガラス繊維が方向性を持ちます。
ガラス繊維の方向性により、成形収縮率や強度が異なってきますので製品設計に当たって注意が必要です。

Qそり防止の手段は

A そりはプラスチックス材料の成形収縮率の大きさ及び異方性(樹脂の流動方向と非流動方法の差異)により発生します。一般に結晶性樹脂は成形収縮率が大きく、そりが発生しやすく、またガラス繊維強化樹脂はガラス繊維の成形時における配向の度合いにより、そりが発生しやすくなります。したがって、成形収縮率の異方性を少なくするための工夫、肉厚変化を少なくするため形状設定、ゲートバランス等の改善や、成形条件面からは金型温度を高く、冷却時間を長くする等の対策を行います。また、材料的には、無機充填材補強タイプのうち、異方性の少ない、球状、板状形態の無機充填材配合タイプがそり防止対策に効果があります。

Qアニーリング、調湿とは

A アニーリングは、成形品を成形後、強制的に寸法を安定させたり、歪を取り去るために行う加熱処理を言います。
調湿とは、吸湿性のある材料の成形品を湿度雰囲気下で強制的に吸湿させ寸法等を安定させる処理を行うことです。

Qモールドデポジットの除去方法は

A モールドデポジット(金型汚染物)は樹脂中に含まれる添加剤、モノマー、オリゴマー等が主成分です。
これを除去するには、これらのものを良く溶解する溶剤で洗浄する方法が一般的で、旭化成の「MDバスター」「バスターマイルド™」が効果的です。

Qリワーク材とは、使うときの条件は

A 工程内で発生する製品以外のスプルー、ランナーや不具合の有る製品を粉砕し再使用する場合、リワーク材(再生材)と言います。
一般には、粉砕し粉砕品をそのまま使用するか、粉砕品を押出しペレット形状とし使用します。
リワーク材を使用する場合、リワーク前後の保管状態、リワーク回数、リワーク材の使用率(どれだけ混入させるか)、異物混入などの注意が必要です。

Q乾燥時の変色の物性への影響は

A 乾燥条件(熱風か真空乾燥か、温度、時間)により材料にかかわらず変色することが有ります。
一般には、100℃以下、2ないし3時間が目安となりますが、100℃以下でも長時間、乾燥すると変色することが有ります。
変色があっても物性への影響は有りませんが、長時間、特に100℃以上で長時間乾燥し、極端に変色した場合は注意下さい。

Q収縮率と型温の関係は

A 金型温度が高いほど、一般に成形収縮率は大きくなります。結晶性樹脂のポリアミド樹脂(レオナ™)やPOM(テナック™)の成形収縮率は金型温度により比較的大きく変化します。
非晶性樹脂のmPPE(ザイロン™)の成形収縮率は金型温度により比較的小さく変化します。

Q成形条件と結晶化の関係は

A 結晶性樹脂の融点以上で充分に溶融している状態と推奨金型温度で成形された成形品の結晶化の度合いはほぼ同じです。金型温度が極端に低い場合は結晶化が進まず、樹脂本来の特性が出ないことがあります。

Q製品の最大肉厚、最小肉厚は

A 製品への応力集中やヒケの発生を避け、成形トラブルを避けるためには、出来るだけ均一な肉厚で設計するのが基本です。
通常の肉厚は、1-3mmを基本とします。

Q予備乾燥は何故必要ですか、必ず必要ですか

A 成形加工前の予備乾燥で、主として水分を除去することにより、樹脂の加水分解や成形品表面の不具合(シルバーストリーク等)などが防止できます。従って、安定的な成形加工を行うためには予備乾燥を行っていただく必要があります。

QGFの形状は

A GFとはガラス繊維(Glass Fiber)の略記号です。形状は直径5-15μmの繊維状です。ペレット状のガラス繊維強化プラスチックに含まれるGFの長さはプラスチックスに混ぜられる時の条件により変わり、-数mmになります。

Qグレード番号の見方は

A それぞれの樹脂(テナック™、レオナ™、ザイロン™)で異なりますので、営業担当にお問合せください。

Qハロゲン系難燃剤、非ハロゲン系難燃剤とは

A 塩素(Cl)、臭素(Br)を構造中に含む難燃剤をハロゲン系難燃剤と称し、有機系や無機系の難燃剤が有ります。
非ハロゲン系とは塩素や臭素を含まない難燃剤を称します。

Q結晶性樹脂と非晶性樹脂の違いは

A 結晶性樹脂とは、高分子が規則正しく配列した状態を示す樹脂で非晶性樹脂とは、規則正しく配列せず、糸球状や絡まった状態となる樹脂です。結晶性樹脂においても、すべての高分子が結晶状態になることはなく、結晶状態と非晶状態が混在しています。具体的には、結晶性樹脂にはポリアミド、ポリアセタール、などがあり、非晶性樹脂にはポリフェニレンエーテル、ポリカーボネート、などがあります。一般的には、結晶性樹脂は硬く、剛性があり、非晶性樹脂は耐衝撃性に優れ、透明性を有することが特徴です。

Q無機フィラーの種類は

A シリカのような酸化物、水酸化カルシウムのような水酸化物、炭酸カルシウムのような炭酸塩、硫酸バリウムのような硫酸塩、タルク、マイカ、ワラストナイトのような珪酸塩など化学組成別に各種のフィラーがあります。又、形状的にワラストナイトのような針状のフィラー、タルク、マイカのような板状のフィラー、炭酸カルシウムのような球・粒状のフィラーが有ります。又、形状的にワラストナイトのような針状のフィラー、タルク、マイカのような板状のフィラー、炭酸カルシウムのような球・粒状のフィラーが有ります。

QULとは

A ULは、保険業者(Underwriters) のために電気及び火災事故を防ぐ目的で、民間レベルで設立された製品安全試験に取り組むアメリカ機関及び規格です。正式には、Underwriters Laboratories Inc, 規格です。合成樹脂材料に関する認定制度があり、合成樹脂に関係の深いものとしては、以下の5つです。


1.UL-94:プラスチックス材料の燃焼試験:試験片の厚みにより、94HB、94V-2、94V-1、94V-0 があり、一般的に肉厚が薄い程燃焼しやすくなります。

2.UL-746A:プラスチックス材料の短期物性評価の規格で以下の2つが使用される。動的外力がかかるような使用環境下に適用され、熱可塑性樹脂の場合、引っ張り衝撃値で判定される(熱硬化性樹脂の場合はアイゾット値) 標示方法はMech,with imp静的外力のみがかかるような使用環境下に適用され、熱可塑性樹脂の場合は、引っ張り強さで判定される(熱硬化性樹脂の場合は曲げ強さ)、標示方法は Mech,w/o imp

3.UL-746B:プラスチックス材料の長期的物性評価の規格で以下が使用される。定格温度 10万時間、一定の温度で大気中で暴露された場合、初期の物性値(電気的、機械的特性など)が50%に低下する一定の温度を標示する、標示はRTI(Relative Thermal Index) で℃

4.UL-746C:プラスチックス材料の電気的用途評価の規格で評価レベルによりUL特性ランク標示される。( PCL:Performance Level Categories ) で以下の5つが使用される。
(1) 熱線着火性:材料が加熱され着火する程度を、着火秒数で評価、標示はHWI( Hot-Wire Ignition )PCLランクは0から5までの5段階であり、数字の小さい程良好である。
(2) 大電流アーク着火性:材料がアーク放電によって着火する程度を 、アーク数で評価、標示はHAI (High-Ampare Arc Resistance)PCLランクは0から4の5段階で数字の小さい程良好である。
(3) アーク抵抗:ASTM D495に準じるアークに起因する、導電路を形成する度合いを、秒数で評価、標示はD495として標示し、PCLランクは0から7の8段階であり、数字の小さい程良好である。
(4) 高電圧トラッキング:材料の表面に繰り返し高電圧低電流のアーク放電させ、材料が導電路を生じせしめる程度を評価、トラッキング速さ(ミリ/分)で評価、標示はHVTR( High Voltage Arc Tracking Rate )
(5) 耐トラッキング:材料に永久的な炭化導電路を生じせしめる電圧の程度を評価、標示はCTI( Comparative Tracking Index )、PCLランクは0から5までの6段階であり、数字の小さい程良好である。

5.UL-746D:プラスチックス材料の組立部品の規格

Q延性破壊と脆性破壊の違いは

A 樹脂の応力-歪み曲線において、標準非強化タイプは明確な降伏点が見られ、その後大きな伸びが生じ最終的に破壊します。
このように材料に伸びがある場合を延性破壊といい、一方GF強化タイプの様に、応力-歪み曲線において明確な降伏点がなく、伸びが発生せずに破断する場合を脆性破壊と言います。

Q耐候性と耐光性はどう違う

A 耐候性は気象条件(太陽光、雨、気温、湿度、NOX,SOX等の環境ガス、ほこり等)に対する耐性を表し、耐光性は光(太陽光、蛍光灯等)のみに対する耐性を示します。

閉じる