成形標準表

PPE/PS

区分 非強化 非難燃
グレード 200H 300H 400H
500H
600H 1000H
予備乾燥 温度(°C) 80~90 90~100 90~100 90~100 100~120
時間(Hr) 2~4 2~4 2~4 2~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 220~270 240~280 240~290 250~300 280~320
金型温度(°C) 40~70 50~80 50~80 60~90 80~120

 

区分 非強化 難燃
グレード 1950J
1951J
100V
100Z
240W
240V
240Z
340W
340V
340Z
440Z
予備乾燥 温度(°C) 70~80 70~80 80~90 90~100 90~100
時間(Hr) 2~4 2~4 2~4 2~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 220~280 220~270 220~270 240~280 240~290
金型温度(°C) 40~70 40~70 40~70 50~80 50~80

 

区分 非強化 難燃
グレード 540V
540Z
CN51V 640V 644Z 740V
744Z
SZ800
予備乾燥 温度(°C) 90~100 90~100 90~100 90~100 90~100 100~120
時間(Hr) 2~4  2~4 2~4 2~4 2~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 240~300 240~300 250~320 260~320 250~320 280~320
金型温度(°C) 50~80 50~80 60~90 60~100 60~100 80~120

 

区分 強化・非難燃
グレード X352V G402H X552H X533H G701H
G702H
G703H
予備乾燥 温度(°C) 100~110 90~100 100~110 90~100 90~100
時間(Hr) 3~4 2~4 3~4 2~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 240~300 240~300 250~300 250~300 260~300
金型温度(°C) 50~80 50~80 70~90 70~90 60~100

 

区分 強化・難燃
グレード X332V X352V X364V X1561
予備乾燥 温度(°C) 90~100 100~110 90~110 90~100
時間(Hr) 2~4 3~4 3~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 240~300 240~300 260~310 240~280
金型温度(°C) 50~80 50~80 60~90 60~90

 

区分 強化・難燃
グレード X423V X444V X1712 X523V
予備乾燥 温度(°C) 90~100 90~100 90~100 90~100
時間(Hr) 2~4 2~4 2~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 240~300 250~300 250~300 250~300
金型温度(°C) 50~80 70~90 60~90 70~90

 

区分 強化・難燃
グレード G544V X7744 X552V G701V
予備乾燥 温度(°C) 90~100 90~100 100~110 90~100
時間(Hr) 2~4 2~4 3~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 250~300 250~300 250~300 260~300
金型温度(°C) 70~90 70~90 70~90 60~100

 

区分 強化・難燃
グレード G601Z G702V G793Z
予備乾燥 温度(°C) 90~100 100~110 90~100
時間(Hr) 2~4 2~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 260~300 260~300 260~300
金型温度(°C) 60~100 60~100 60~100

 

区分 PA/PPE
グレード A0210
AT600
AG511 AG213 AF700
予備乾燥 温度(°C) 110~130 100~130 110~130  110~130
時間(Hr) 2~3 3~4 2~4 2~4
成形条件 樹脂温度(°C) 280~300 260~300 280~300  270~290
金型温度(°C) 60~120 60~120 60~120 60~120

 

区分 PP/PPE PPS/PPE PPA/PPE
グレード TZ100 TT521 DG235
DG040
DG141
DV166
XP640
予備乾燥 温度(°C) 80~90 100~110 120 110~120
時間(Hr) 1~2 3~4 3~4 3~4
成形条件 樹脂温度(°C) 230~260 250~280 300~330 320~340
金型温度(°C) 50~70 50~90 90~130 130~150

 

その他
注意すべき事項
  • ザイロン™は予備乾燥が必要ですが、8間以上の長時間乾燥は物性低下や変色を招く恐れがありますので避けて下さい。
  • スプルー、ランナー、その他成形品等を粉砕して再利用する場合は、オイル、グリス、ゴミ、異物等が混入しないように注意して下さい。混入した場合は物性低下を起こす可能性があります。再生材の混入比率は20%までを目安として下さい。
  • パージ材としては、高粘度タイプのGPPSや旭化成の洗浄樹脂”アサクリン™SA”の使用をお薦めします。パージは、それぞれのグレードに適した温度で行って下さい。
  • 材料の劣化を防ぐために以下の停止時間に応じた対応を取って下さい。
    30分以内: シリンダー温度はそのままの状態で、成形を再開する前に同材料でシリンダー内をパージして下さい。
    30分~

    12時間:
    シリンダー内を高粘度タイプのGPPSでパージし、その後シリンダー温度を200°C以下まで下げて下さい。成形を再開する際はシリンダー温度を適当な温度まで上げた後、成形する材料でシリンダー内を充分パージして下さい。
    12時間以上: 高粘度タイプのGPPSでパージした後、成形機を停止して下さい。
  • 離型剤の使用は極力控えて下さい。複雑な形状の成形品を成形する場合等、離型剤を止むなく使用する際は、最小限の使用に留めて下さい。もし使用する場合は、ザイロン™に影響の少ない”ペリコートB”(商標名、製造販売元:中京化成工業)のようなシリコン系離型剤をお奨めします。

テナック™

1972年5月にホモポリマー、次いで1985年12月にコポリマーの製造販売を開始。ポリアセタール事業分野において、世界で唯一ホモポリマー「テナック™」とコポリマー「テナック™-C」を当社独自技術で生産しています。

レオナ™

1972年5月に製造販売を開始、ポリアミド66の事業分野において、アジアで唯一原料から製品まで一貫生産しています。コスト競争力のある当社独自のシクロヘキセン法シクロヘキサノール、アジピン酸等の原料、エアバッグ・タイヤコード等の繊維、さらに、レオナ™樹脂として幅広くポリアミド「レオナ™」事業を展開しております。

ザイロン™

1979年3月に製造販売を開始、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等豊富なグレードラインアップでお客様のニーズにお答えします。

テナック™

1972年5月にホモポリマー、次いで1985年12月にコポリマーの製造販売を開始。ポリアセタール事業分野において、世界で唯一ホモポリマー「テナック™」とコポリマー「テナック™-C」を当社独自技術で生産しています。

レオナ™

1972年5月に製造販売を開始、ポリアミド66の事業分野において、アジアで唯一原料から製品まで一貫生産しています。コスト競争力のある当社独自のシクロヘキセン法シクロヘキサノール、アジピン酸等の原料、エアバッグ・タイヤコード等の繊維、さらに、レオナ™樹脂として幅広くポリアミド「レオナ™」事業を展開しております。

ザイロン™

1979年3月に製造販売を開始、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等豊富なグレードラインアップでお客様のニーズにお答えします。