成形標準表

区分 ホモポリマー
グレード 2010, 3010, 4010, 4012, 4050, 4060, 5010, 5050, 7010, 7050, 7054, 9054, 3013A, 4013A, 5013A, MG210, FS410, GA510, GA520, GN705, LA543, LM511, LS701, LT200, LT802, LT804, LT805, LP402, LL700, Z3010, Z4060
予備乾燥 温度 (°C) 80~90°C
時間(HR) 3~4時間
成形条件 樹脂温度(°C) 190~210°C
金型温度(°C) 60°C以上
その他
注意すべき事項
テナック™成形時の注意事項

  1. テナック™ご使用の前に弊社『製品安全データシート』をお読み下さい。
  2. 可燃性ですので、保管・取扱は熱、発火源から離れた場所で行って下さい。
    万一、燃焼した場合は有毒ガス(CO、ホルムアルデヒド等)が発生する恐れがあります。
  3. 樹脂が床にこぼれたら、滑り・転倒を防止するために、すぐ掃除して下さい。
  4. 一般にポリアセタール樹脂が分解して発生するガスはホルムアルデヒドです。ガスが成形機や加工機のシリンダー内で発生した場合、シリンダー内の圧力が高くなる危険があります。
    従って、テナック™を成形する際には、必ず下記項目を守って下さい。

    1. 樹脂の分解を起こさない樹脂温度と、シリンダー内滞留時間にすること。
      * 最適樹脂温度:190~210°C
      230°C以下にすること。
      *シリンダー内限界滞留時間
      非強化自然色の場合
      (190°C)50分以内
      (200°C)40分以内
      (210°C)30分以内
      強化材または着色品の場合は別途ご相談下さい。
      (上記は一応の目安であるが諸条件により異なるものである。)
    2. 上記のシリンダー内限界滞留時間を越えた時は分解を起こす場合がありますので、シリンダー内の樹脂をパージ(排出)すること。
    3. 成形を休止する場合は、シリンダー内の樹脂をパージ(排出)し、シリンダーのヒーター電源を(OFFに)切ること。
    4. パージ(排出)し、シリンダー内を他の樹脂で置換するときには、必ず自然色のポリエチレン、透明ポリスチレン、及び弊社”アサクリン™”を使用すること。これ以外の樹脂を使用しないこと。
      パージ(排出)した樹脂は、直ちに水の中に入れて、ガスで作業環境を損なわないよう十分注意すること。
    5. テナック™には旭化成が指定する以外の着色剤、添加剤や異種銘柄樹脂を一切混合してはならない。混合すると、樹脂の熱安定性が著しく悪くなり、分解することがある。
    6. シリンダー、ノズル、ホットランナー等に樹脂の部分的滞留部分がある場合は、樹脂が焼け、分解することがあるので、確実に樹脂をパージ(排出)すること。
    7. 作業時には必ず充分な局所排気、または有効な全体換気を行って、作業環境を良くすること。
  5. 記載内容は現時点で入手できる資料、情報、データに基づいて作成しており、以上の情報は新しい知見により改訂されることがあります。また、注意事項は通常の取り扱いを対象としたものであって、特殊な取り扱いの場合は用途・用法に適した安全対策を実施の上、ご利用下さい。

 

区分 コポリマー
グレード 3510, 4520, 5520, 7520, 8520, 9520, 3513, 4513, 4563, 7513, CF452, CF454, GN455, GN752, GN755, G455S, G455X, G457S, G457X, NS556, MT754, TFC64, TFC77, EF750, EF850, LD755, LT350, LV450, LX750, LZ750, SG454, HC350, HC450, HC550, HC750, HC460, HC760, Z3510, Z4520, Z4513, Z4563, ZH450, ZLV40, ZH760, ZLD75, ZM413
予備乾燥 温度(°C) 80~90°C
時間(HR) 3~4時間
成形条件 樹脂温度(°C) 180~210°C
金型温度(°C) 60°C以上
その他注意すべき事項 テナック™-C成形時の注意事項

  1. テナック™-Cご使用の前に弊社『製品安全データシート』をお読み下さい。
  2. 可燃性ですので、保管・取扱は熱、発火源から離れた場所で行って下さい。
    万一、燃焼した場合は有毒ガス(CO、ホルムアルデヒド等)が発生する恐れがあります。
  3. 樹脂が床にこぼれたら、滑り・転倒を防止するために、すぐ掃除して下さい。
  4. 一般にポリアセタール樹脂が分解して発生するガスはホルムアルデヒドです。ガスが成形機や加工機のシリンダー内で発生した場合、シリンダー内の圧力が高くなる危険があります。
    従って、テナック™-Cを成形する際には、必ず下記項目を守って下さい。

    1. 樹脂の分解を起こさない樹脂温度と、シリンダー内滞留時間にすること。
      * 最適樹脂温度:180~210°C
      250°C以下にすること。
      *シリンダー内限界滞留時間
      非強化自然色の場合
      (190°C)70分以内
      (200°C)60分以内
      (210°C)40分以内
      強化材または着色品の場合は別途ご相談下さい。
      (上記は一応の目安であるが諸条件により異なるものである。)
    2. 上記のシリンダー内限界滞留時間を越えた時は分解を起こす場合がありますので、シリンダー内の樹脂をパージ(排出)すること。
    3. 成形を休止する場合は、シリンダー内の樹脂をパージ(排出)し、シリンダーのヒーター電源を(OFFに)切ること。
    4. パージ(排出)し、シリンダー内を他の樹脂で置換するときには、必ず自然色のポリエチレン、透明ポリスチレン、及び弊社”アサクリン™”を使用すること。これ以外の樹脂を使用しないこと。
      パージ(排出)した樹脂は、直ちに水の中に入れて、ガスで作業環境を損なわないよう十分注意すること。
    5. テナック™-Cには旭化成が指定する以外の着色剤、添加剤や異種銘柄樹脂を一切混合してはならない。混合すると、樹脂の熱安定性が著しく悪くなり、分解することがある。
    6. シリンダー、ノズル、ホットランナー等に樹脂の部分的滞留部分がある場合は、樹脂が焼け、分解することがあるので、確実に樹脂をパージ(排出)すること。
    7. 作業時には必ず充分な局所排気、または有効な全体換気を行って、作業環境を良くすること。
  5. 記載内容は現時点で入手できる資料、情報、データに基づいて作成しており、以上の情報は新しい知見により改訂されることがあります。また、注意事項は通常の取り扱いを対象としたものであって、特殊な取り扱いの場合は用途・用法に適した安全対策を実施の上、ご利用下さい。

テナック™

1972年5月にホモポリマー、次いで1985年12月にコポリマーの製造販売を開始。ポリアセタール事業分野において、世界で唯一ホモポリマー「テナック™」とコポリマー「テナック™-C」を当社独自技術で生産しています。

レオナ™

1972年5月に製造販売を開始、ポリアミド66の事業分野において、アジアで唯一原料から製品まで一貫生産しています。コスト競争力のある当社独自のシクロヘキセン法シクロヘキサノール、アジピン酸等の原料、エアバッグ・タイヤコード等の繊維、さらに、レオナ™樹脂として幅広くポリアミド「レオナ™」事業を展開しております。

ザイロン™

1979年3月に製造販売を開始、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等豊富なグレードラインアップでお客様のニーズにお答えします。

テナック™

1972年5月にホモポリマー、次いで1985年12月にコポリマーの製造販売を開始。ポリアセタール事業分野において、世界で唯一ホモポリマー「テナック™」とコポリマー「テナック™-C」を当社独自技術で生産しています。

レオナ™

1972年5月に製造販売を開始、ポリアミド66の事業分野において、アジアで唯一原料から製品まで一貫生産しています。コスト競争力のある当社独自のシクロヘキセン法シクロヘキサノール、アジピン酸等の原料、エアバッグ・タイヤコード等の繊維、さらに、レオナ™樹脂として幅広くポリアミド「レオナ™」事業を展開しております。

ザイロン™

1979年3月に製造販売を開始、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等豊富なグレードラインアップでお客様のニーズにお答えします。