製品設計基準

ザイロン™の設計基準 目次

ザイロン™成形品の設計基準
1.はじめにpdf
2.寸法精度
3.成形品の肉厚
4.抜き勾配
5.コーナーR
6.ボスの形状pdf
7.リブ
8.座pdf
9.通し孔、孔と孔の間隔
10.スナップフィット
11.アンダーカット
12.応力の負荷分布と構造計算式
13.各種断面形状の断面二次モーメント
ザイロン™金型設計基準pdf
1.射出成形成形機の選択
2.成形収縮率
3.スプルー、ランナーデザイン
4.ゲートデザイン
5.ホットランナーシステム(マニホールド、ホットチップ)
6.ガス抜き(エアベント)
7.抜き勾配
8.コーナーR
9.突出ピン(エジェクターピン)
10.ストリッパープレート
11.金型材質
12.冷却水孔子(金型温度コントロール)
13.金型の保守管理

テナック™

1972年5月にホモポリマー、次いで1985年12月にコポリマーの製造販売を開始。ポリアセタール事業分野において、世界で唯一ホモポリマー「テナック™」とコポリマー「テナック™-C」を当社独自技術で生産しています。

レオナ™

1972年5月に製造販売を開始、ポリアミド66の事業分野において、アジアで唯一原料から製品まで一貫生産しています。コスト競争力のある当社独自のシクロヘキセン法シクロヘキサノール、アジピン酸等の原料、エアバッグ・タイヤコード等の繊維、さらに、レオナ™樹脂として幅広くポリアミド「レオナ™」事業を展開しております。

ザイロン™

1979年3月に製造販売を開始、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等豊富なグレードラインアップでお客様のニーズにお答えします。

テナック™

1972年5月にホモポリマー、次いで1985年12月にコポリマーの製造販売を開始。ポリアセタール事業分野において、世界で唯一ホモポリマー「テナック™」とコポリマー「テナック™-C」を当社独自技術で生産しています。

レオナ™

1972年5月に製造販売を開始、ポリアミド66の事業分野において、アジアで唯一原料から製品まで一貫生産しています。コスト競争力のある当社独自のシクロヘキセン法シクロヘキサノール、アジピン酸等の原料、エアバッグ・タイヤコード等の繊維、さらに、レオナ™樹脂として幅広くポリアミド「レオナ™」事業を展開しております。

ザイロン™

1979年3月に製造販売を開始、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等豊富なグレードラインアップでお客様のニーズにお答えします。