評価/解析技術

旭化成が持つ試験・評価、材料解析技術を紹介いたします。
各種の蓄積技術を駆使し、お客様に最適なソリューシュンを提供致します。

有機構造解析

材料を構成する有機物の同定、定量を行います。
* 代表的な解析機器
IR、GC、NMR、Raman、HPLC、GPC、MS、ESR

形態解析

材料の微少領域を拡大して、構成成分形状、性状を明らかにします。
* 代表的な解析機器:TEM、SEM、SPM、光学顕微鏡、偏光顕微鏡

元素分析

材料に含まれる各元素の同定、定量を行います。
* 代表的な解析機器:XRF、EPMA、ICP-AES、ICP-MS

表面解析

材料の極表面(nmオーダー)の元素、組成から表面の特性を明らかにします。
* 代表的な解析機器:XPS、AES、SIMS

高次構造解析

材料を構成する分子や相の凝集状態、分子運動性を明らかにします。
* 代表的な解析機器:XRD、固体NMR

熱解析

材料を加熱したときの凝集状態や、重量の変化を明らかにします。
* 代表的な解析機器:DSC、TGA