動的構造解析

(衝撃解析)

樹脂のひずみ速度依存性

樹脂には変形速度によって材料物性が大きく異なるという特性があり、これをひずみ速度依存性と言います。
予測したい現象が高速になれば、通常の樹脂特性(低速の応力ーひずみ曲線)だけでは表現できません。

旭化成独自の材料モデル

ポリアミドに代表される結晶性樹脂は、図(左)のように結晶部と非晶部が存在します。

非強化ポリアミドのダンベル型試験片を引張ると、図(右)のようにネッキングが起こり、延性破壊します。 非晶部のポリマーが引き延ばされ、結晶部と非晶部の境界において破断が生じるという樹脂特有の特長です。

破壊形態や破壊時のエネルギー吸収量を予測できるよう、このような微視損傷を考慮した材料モデルを開発し衝撃解析に適用しています。

下記のダウンロード資料では、アプリケーションにおける活用事例をご紹介します。

資料ダウンロード