《詳細資料ダウンロード可能》

粉末射出成形(PIM)向け
超高流動ポリアセタールコポリマー
テナック™–C FF520のご紹介

技術・製品紹介

粉末射出成形 (PIM) のバインダー樹脂用として開発された
超高流動なポリアセタールコポリマー

ポリアセタール (POM)樹脂 は、POM自体の高い強度並びに酸や熱によって残渣なく分解される特長から、粉末射出成形 (PIM) 技術において、バインダーを構成する樹脂として用いられています。

旭化成のPOM樹脂 テナック™-C FF520は、POMの優れた機械特性を維持しつつ、非常に高い流動性を付与したコポリマーです。

表:テナック™-C FF520と、PIMで用いられる各樹脂の一般物性(参考値)の比較

テナック™-C FF520を用いて作製したISO2740ダンベルの焼結体図:テナック™-C FF520を用いて作製したISO2740ダンベルの焼結体

貴社の課題の解決に是非、テナック™-C FF520をご検討下さい。
より詳細な情報は「テナック™-C FF520 資料ダウンロード」から資料をダウンロード下さい。

資料ダウンロードはこちら

テナック™-C FF520 資料ダウンロード

用途事例

PIM(Powder Injection Molding:粉末射出成形)

PIM(Powder Injection Molding:粉末射出成形)

PIMは金属又はセラミックの粉末にバインダーを加えて射出成形した後、脱脂・焼結することで小型、高精度の金属・セラミック部品を製造する技術です。

PIM(粉末射出成形)

グレード

超高流動グレード FF520, 9520
当社では、バインダーとして好適なポリアセタール樹脂を開発し
超高流動グレードとして市場に提供しております。

特長

・金属又はセラミック粉末とバインダーの混合物(フィードストック)の押出性、熱安定性に優れる
・フィードストックの成形性に優れる
・フィードストック成形体の強度