二次加工方法概要

(1)二次加工法概要

プラスチック(熱可塑性樹脂)の加工方法には射出成形、押出成形等に代表される一次加工、一次加工の後に行われる溶着、塗装等に代表される二次加工に大別される。本ページでは二次加工の説明を行う。
二次加工の主な方法としては 接合、機械加工、表面加飾 があげられる。共通事項としては、熱をかけての全体的な形作りが終わった後におこなわれる加工方法である。

(2)接合

プラスチックの接合方法は、機械的結合、溶着、接着に大別される。
機械的結合方法としては、セルフ・タッピング、圧入、スナップフィット、かしめ等が良く用いられる。(一次加工におけるインサート成形も機械的結合の一種である。)
溶着法としては、超音波溶着、摩擦溶着(振動溶着、スピン溶着等)、熱板溶着が代表例である。
接着法としては、有機溶剤型接着、樹脂入り型接着、化学反応型接着が知られている。

(3)機械加工

プラスチックの機械加工には、金属と同じようにフライス盤、旋盤、ボール盤(ドリル)等が用いられる。特に必要個数が極端に少ない場合(試作品等)は機械加工がおこなわれることが多い。
機械加工をおこなうときはプラスチックに特有の注意が必要な場合もある。(切削油によるソルベント・クラック等)

(4)表面加飾

プラスチックの表面加飾は部品加工の最終工程となるが、塗装、印刷、ホットスタンプ(箔押し)、メッキ、蒸着等を用いて、所望の表面外観に仕上げられる。

二次加工方法概要

樹脂の接合、機械加工、表面加飾について、ご紹介します。

成形方法概略

射出成形法を始め、樹脂の各種成形方法についてご紹介します。

汎用エンプラの特性概要とその評価方法

樹脂の各種特性、評価方法についてご紹介します。

合成樹脂概要

樹脂の定義、歴史、分類についてご紹介します。

二次加工方法概要

樹脂の接合、機械加工、表面加飾について、ご紹介します。

成形方法概略

射出成形法を始め、樹脂の各種成形方法についてご紹介します。

汎用エンプラの特性概要とその評価方法

樹脂の各種特性、評価方法についてご紹介します。

合成樹脂概要

樹脂の定義、歴史、分類についてご紹介します。

テナック™

1972年5月にホモポリマー、次いで1985年12月にコポリマーの製造販売を開始。ポリアセタール事業分野において、世界で唯一ホモポリマー「テナック™」とコポリマー「テナック™-C」を当社独自技術で生産しています。

レオナ™

1972年5月に製造販売を開始、ポリアミド66の事業分野において、アジアで唯一原料から製品まで一貫生産しています。コスト競争力のある当社独自のシクロヘキセン法シクロヘキサノール、アジピン酸等の原料、エアバッグ・タイヤコード等の繊維、さらに、レオナ™樹脂として幅広くポリアミド「レオナ™」事業を展開しております。

ザイロン™

1979年3月に製造販売を開始、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等豊富なグレードラインアップでお客様のニーズにお答えします。

テナック™

1972年5月にホモポリマー、次いで1985年12月にコポリマーの製造販売を開始。ポリアセタール事業分野において、世界で唯一ホモポリマー「テナック™」とコポリマー「テナック™-C」を当社独自技術で生産しています。

レオナ™

1972年5月に製造販売を開始、ポリアミド66の事業分野において、アジアで唯一原料から製品まで一貫生産しています。コスト競争力のある当社独自のシクロヘキセン法シクロヘキサノール、アジピン酸等の原料、エアバッグ・タイヤコード等の繊維、さらに、レオナ™樹脂として幅広くポリアミド「レオナ™」事業を展開しております。

ザイロン™

1979年3月に製造販売を開始、完全相溶系のPPE/PS系アロイ、非相溶系のPA/PPE系アロイ、PP/PPE系アロイ、PPS/PPE系アロイ等豊富なグレードラインアップでお客様のニーズにお答えします。