テナック™MG210
高強度、高耐久を両立したポリアセタール(POM) ホモポリマー

《詳細資料ダウンロード可能》

技術・製品紹介

◆テナック™MG210

ポリアセタール(以下、POM)はその優れた機械物性と摩擦摩耗特性から歯車や軸受けなどの機構部品に使用されています。
テナック™ MG210(以下、MG210)はPOMの中でも機械特性に優れるホモポリマーに分類されます。
MG210は、標準POM(コポリマー)よりも優れるホモポリマーの耐クリープ特性や疲労特性といった耐久性をさらに向上させたグレードです。

近年、部品の小型化やプラスチック使用量削減のニーズが高まり、プラスチックへの耐久性向上の要求が増えています。MG210は、その強度・耐久性から、部品の小型化のみならず、金属代替による軽量化や部品点数の削減に貢献します。

特に強度・耐久性が求められる歯車用途において、 MG210は多くの採用実績がございます。
繊維強化樹脂では歯先等の樹脂合流部分での強度低下や寸法精度低下の懸念がある一方で、非強化POMであるMG210はそれらの懸念が少なく、MG210の強みである強度・耐久性を発揮できる為です。

貴社の課題の解決に是非MG210をご検討ください。
より詳細な情報は以下の テナック™MG210 資料ダウンロードはこちら から資料をダウンロードください。

MG210の想定用途例 MG210を使用するメリット
各種歯車
自動車向け機構部品(シート・安全部品等)
ロボット向け機構部品
ドローン駆動部品
住設関連部品
非繊維強化でも高い機械物性
高い長期特性(耐クリープ性、疲労特性)
製品の長寿命化
製品の小型化
金属代替による軽量化、部品点数の削減

テナック™MG210 資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロード

用途事例

モーターギア

モーターギア

ドア・ワイパー・シート等を駆動させるモーターに使用されるギアには、高い耐久性が求められるため、高粘度のホモポリマーが主に使用されています。

モーターギア

特長

・耐久性
・耐クリープ性
・金属代替による軽量化が可能

用途事例

ウィンドレギュレータ
(キャリアプレート)

ウィンドレギュレータ
(キャリアプレート)

窓ガラスの昇降装置であるウィンドウレギュレータ(ワイヤー式)には、摺動性や耐久性に優れるPOMが多く使用されています。窓ガラスを支えて長時間の負荷を受ける部品であるキャリアプレートには、繰返し疲労特性や耐クリープ性に優れる高分子量ホモポリマーが使用されています。

ウィンドレギュレータ

特長

・耐久性
・繰返し疲労性、耐クリープ性
・金属代替による軽量化が可能

戸車

サッシ等の開閉をスムーズに行います。近年サッシの大型化、断熱性向上のための2枚ガラス採用等によりサッシの重量が増大しています。そのため戸車に掛かる負担も大きくなり、耐久性に優れるテナック超高粘度グレードが用いられています。

戸車

グレード

・テナック MG210:超高粘度高耐久ホモポリマーグレード
・テナック 2010:超高粘度ホモポリマーグレード

特長

・耐クリープ性
・対金属摩耗性

用途事例

プリンタ機構部品
(テナック)

プリンタ機構部品
(テナック)

・プリンタの機構部品は多種多様です。代表的な物として軸・軸受け、アーム、コロ、カムなどがございます。
・全ての部品に求められるのは、長期に渡り性能が変化しにくい事です。
・軸や軸受けは穴径を維持するため剛性と耐摩耗性、アームやカムなどは繰返し疲労で変形しないことなどが求められます。

プリンタ機構部品

グレード

・テナック-C HC750、HC450
・テナック-C LZ750、LX750
・高機能コポリマー・グレード HC750、HC450;ホモの物性と、コの熱的耐性を併せ持った第三のポリアセタール。
・良流動・高摺動コポリマー・グレード LZ750、LX750;高機能コポリマーHC750をベースに、摺動剤を使い分け2グレードを用意。

特長

・テナックは機械特性をはじめ耐久・疲労性及び摺動性に優れる材料です
・特にホモとコの良い所を併せ持ったHCは機構部品に最適な材料と言えます
・HCをベースに摺動を施したLZ/LXは物性は勿論の事、摺動性能も優れています
・薄肉成形が可能です