レオナ™SNシリーズ
環境と安全を考慮した次世代ハロゲン&赤燐フリーPA66難燃グレード 

《詳細資料ダウンロード可能》 *最新版に更新

技術・製品紹介

環境と安全を考慮した次世代ハロゲン&赤燐フリーPA66難燃グレード 

難燃PA66はE&Eや自動車を中心にかつてより使用用途の幅を広げています。近年、世界で環境負荷削減や労働者の安全性を重視する傾向が高まり、ハロゲンや赤燐不使用の要求が増えています。そこで旭化成は環境・安全を考慮し、ハロゲンと赤燐を含まない難燃剤を使用する新しいレオナSNグレードの開発に着手し、その完成に至りました。

このSNシリーズは非ハロゲン・非赤燐と言った特徴の他、優れたレーザー透過性を有し、それに際した高いレーザー溶着性やレーザー印字性が得られます。また芳香族PAを含む事から低煙性にも優れ、欧州鉄道規格(EN45545-2)でHL3を取得しています。高CTIや高RTI、高GWITなどの特徴もあります。

レオナ用途事例

2021年3月には、欧州向けにウェビナーを開催し、148名の登録者があり内65名にご参加頂きました。
FAやEVなど革新的なトレンドが進む現在、より優れ環境・安全を考慮したレオナ™SNシリーズを検討してみませんか。

 

※2021年6月に開催した第2回ウェビナーの最新版資料を

   下方「レオナ™SNシリーズ資料ダウンロードはこちら」よりダウンロード頂けます。

レオナ™SNシリーズ資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロード