旭化成、機能樹脂コンパウンド工場における使用電力のグリーン化を推進

2022.10.07

お知らせ

 2022年10月07日

 旭化成株式会社

旭化成、機能樹脂コンパウンド工場における使用電力のグリーン化を推進

 

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:工藤 幸四郎、以下「当社」)は、自動車や電子部品等の部品材料として使用される当社の機能樹脂のコンパウンド工場(旭化成カラーテック、日本)において、2022年4月から再生可能エネルギー電力の購入を開始したことをお知らせします。またタイおよびアメリカのコンパウンド工場においても、再生可能エネルギー電力の購入を決定したことをお知らせします。

【旭化成カラーテック】

1.背景

当社グループは、2050年のカーボンニュートラルの実現に向け、自社のGHG排出量の削減と、社会のGHG排出量削減への貢献を進めています。また、2030年度に2013年度比30%以上のGHG排出量削減の達成を目指しています。

 

2.取り組みの概要

当社のモビリティ&インダストリアル事業本部では、上記目標の達成に向けて、各事業でGHG排出量削減に取り組んでいます。今回、当社の機能樹脂のコンパウンド工場(旭化成カラーテック、日本)において、再生可能エネルギー電力の購入を開始しました。また、タイおよびアメリカのコンパウンド工場において、再生可能エネルギー電力の購入を決定しました。さらに中国のコンパウンド工場でも再生可能エネルギー電力の購入検討を進めています。将来は、太陽光発電設備の導入もあわせて、機能樹脂のコンパウンド工場で使用する電力のグリーン化100%を目指しています。

 

機能樹脂のコンパウンド工場 活動の概要
旭化成カラーテック (日本) 2022年4月より使用電力の100%をグリーン化。
旭化成プラスチックスタイランド (タイ) 2022年4月より使用電力の100%※をグリーン化予定。 ※電力会社とは旭化成プラスチックスタイランド年間消費電力量相当分の再生可能エネルギー電力の購入契約を締結済み。2022年12月に、再生可能エネルギー電力供給数量が最終確定する予定。また、2023年3月に、2022年4月より再生可能エネルギー電力の使用を示す証書が発行される見込み。
旭化成プラスチックスノースアメリカ (アメリカ合衆国) 使用電力の15%をグリーン化済。2022年6月に追加の購入契約を締結。2024年1月から再生可能エネルギー使用率を拡大し、65%グリーン化予定。
旭化成塑料(常熟)有限公司 (中国) 2023年4月から再生可能エネルギー電力の購入開始の契約を締結中。

 

当社はカーボンニュートラルでサステナブルな世界の実現を目指し、事業の取り組みを通じてさまざまな社会課題の解決に貢献してまいります。

 

以 上

本件に関するお問い合わせ先はこちら

お問い合わせ