• TOP
  • トピックス
  • スマートホーム向けヘルスケアを具現化する、自立生活支援技術(AAL)パラダイムの新しい展望

スマートホーム向けヘルスケアを具現化する、自立生活支援技術(AAL)パラダイムの新しい展望

業界情報

自律的な応答を実現させるコンテキスト・アウェアホーム

スマートホームは居住者のニーズを満たすために、人や物事の状況や変化を捉えるコンテキスト・アウェアへとますます向かっています。こうしたスマートホームは、障害に対処する受身的ケアから障害を予防する予知的ケアへと、ヘルスケアの新たな環境の創出を支えています。主に人工知能が利用されるようになったため、さまざまなヘルスケアの概念が生まれ拡大されています。IoTのフレームワークが拡大している中、ヘルスケア業界の利害関係者は、ウェアラブルやビジネスオートメーション・コントロールシステムからのデータを活用することで、消費者の新しい価値を取り込むことが可能になりました。スマートホームでは多くの遠隔医療アプローチが可能となるため、スマートホーム向けヘルスケア市場にさまざまなサービス価値の拡大をもたらしています。

人や物事の状況や変化を認識する概念や技術の総称で、人々の環境、興味、行動パターンなどを先読みし、状況に適合した利用価値の高いコンテンツやサービスを提供する仕組みのことです。

IoT内に組み込まれたAIと機械学習テクノロジー

遠隔医療は、アンビエント・インテリジェンス(AmI)の新たな道を広げています。AmIとは通常、テクノロジーと人間のより良い相互作用、より優れたサービスサポート、ユーザの意思により沿った対応、インテリジェンスなどを包括した概念のことを指します。ヘルスケアを推進する企業は、スマートホームにAmIを取り入れることで市場でのシェアを広げ、スマートホーム向けヘルスケア市場に新しい可能性を開こうと熱心に取り組んでいます。ネットワークやハードウェアベースのソリューションの進歩は、スマートホーム向けヘルスケアの成長の起爆剤となっています。

Covid-19のパンデミックをきっかけに、遠隔医療サービスはあらゆるタイプの患者にとって重要度を増していますが、ヘルスケア市場に身を置く企業は自社の競争力を拡大すべく、特に高齢者ケアに力を入れています。オンデマンド・クラウドサービス・プロバイダーやコネクテッド・テクノロジーの開発者は、ますます増加し、スマートホーム向けヘルスケアが収益の大きな柱となると考えています。また、ヘルスケアだけでなくウェルネス(健康)も注視されています。遠隔医療サービスの恩恵を獲得するもう1つの重要な候補は、障がい者の在宅医療です。

世界的に、慢性疾患の蔓延は、それらがもたらす高い経済的負担や健康的負担を考えると、医療システムにとって重大な懸念事項となります。糖尿病を例に挙げると、罹患率が大きいだけでなく、患者が受ける心理的ストレスは筆舌に尽くしがたいものがあります。スマートホーム向けヘルスケアの進歩は、前述の要因すべてに影響を与えると予想され、今後統合される新しいテクノロジーによって、最終的にケアの能力が向上するでしょう。慢性患者の健康状態の遠隔モニタリングは、スマートホーム向けヘルスケアのサービス価値の拡大をもたらします

コネクテッド・デバイスが高齢者医療の新しいパラダイムを拓く

障がい者や高齢者向けの自立生活支援技術(AAL)パラダイムにおいて、ある重要なトレンドが急浮上しています。スマートシティの構成要素としてIoTの利用が拡大していること、このトレンドがスマートホーム向けヘルスケア市場の見通しを明るくしています。スマートホームに組み込まれたIoTが、AALの新たな道を開拓しているのです。

クラウドやIoTなどの分野における多くの利害関係者は、AALを実現するスマートホーム向けヘルスケアの驚くべき可能性に注目しています。先進国の高齢化が急速に進んでいることを考えると、スマートホーム向けヘルスケア市場では、AALを実現するICTの堅牢なフレームワーク作りに多額の投資が行われる可能性があります。複数の国の政府が、AALの可能性に注目し、住宅オートメーションの研究開発を推進しています。業界による調査によれば、IoTを背景とした高齢者のための、より安全で、応答性の高い医療環境の実現への道が開かれ、高齢者およびその介護者がインテリジェントな意思決定を行うことができるようになるでしょう。

※AALとは

アンビエント・アシステッド・リビングの略で、高齢者や障害のある人々が尊厳のある自立した生活を支援するために空気のように漂い、周囲を取り囲む(アンビエント)高度なシステムとして定義されています。

オーダーメイド医療における新たなアプローチを開くクラウドとビッグデータサービス

ここまで述べた、技術の進歩とスマートシティの成長は、オーダーメイド医療をサポートするための鍵です。これらはすべて、個人の自律性とデータに基づいた質の高い医療が重要な柱となります。

新しいデータモデルにより、スマートホーム向けヘルスケア企業が革新的なコンテキスト・モデリング・アプローチを導入できるようになります。その例として、ファジー論理によるコンテキスト推論能力の向上が挙げられます。

クラウドベースのAPIをベースとするスマートホームのコンテキスト・アウェア・アプリケーションにより、データ処理およびデータ保存の機能が強化されます。アマゾンやグーグルなどが、この市場のかなりのシェア獲得を目指しています。Microsoft Azure、Google App、Amazon Web Services、およびその他のさまざまなオンデマンド・クラウドコンピューティング・プラットフォームが、その可能性を追い求め、間もなく展開してくるでしょう。ビッグデータやIoTとともに、ヘルスケアサービス全体に大きな変革が起こり、価値観を大切にする世界中のヘルスケアシステムに、根底を覆すようなソリューションが切り開かれることになるかもしれません。

この記事はTechBullionのPragati Pathrotkarが執筆し、Industry Diveパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願い致します。


用途事例

ランセット

ランセット

・ランセットは血糖値測定などの微量採血の為に用いられます。
・射出成形性、良好な穿刺性の観点からテナックが用いられています。

ランセット

グレード

高流動ホモポリマーグレード

特長

・高流動性
・帯電防止性
・低反り変形性
・固化速度が速い

用途事例

輸液ポンプガイド

輸液ポンプガイド

・輸液ポンプは必要量を長期に渡り安定に送液することだけでなく小型化が求められます。
・送液部分は医療用チューブと絶えず接し高い耐摩擦摩耗性能が要求されることからテナックの高摺動グレードが適用されます。

輸液ポンプガイド

グレード

高摺動グレード
当社では長年、業界最高の摩擦摩耗特性と機械物性を備えたテナックを追求し高摺動グレードとして市場に提供しております。各種相手材との組み合わせで最適なグレードをご提案します。

特長

・寸法安定性
・耐久性
・高負荷摺動性